カテゴリー別アーカイブ: 育児

我が子の才能を引き出す方法

子を持つ親であれば、だれでも、自分の子供は天才とまではいかないまでも、頭が良い子に育って欲しいと願っていることでしょう。


子供の知的レベルの約50%は遺伝で決定しますが、残りの50%は、親に育て方次第なのです。

赤ん坊は一生分の神経細胞を持って生まれますが、生まれた瞬間から、脳細胞は繋がろうとし、これが子供の視覚、言語、好奇心、知性、社会性を決定し、その多くは生れて最初の3年間で形成されます。
そして、子供の脳の発達を助けるのは、子供を抱きしめ、遊んでやり、話しかけ、読み聞かせ、赤ちゃんの頃からきちんと食事を与えることなのです。

音楽教育は早めに始めるのが効果的だといわれていますが、妊娠20週目の胎児になると音を感知するようになり、1歳までその音楽を覚えているといわれているからです。また、音楽は成長過程の幼児を落ち着かせる効果があるとも考えられております。

ふれあいも大切です。愛され、守られていると感じさせると同様に、子供の発達と学習に必要な安心感も与えます。子供をできるだけたくさんの形や材質の物に触れさせましよう。

できるだけ赤ちゃんと言葉を交わしましょう。これによって、子供の言語能力を伸ばすことができます。ただし赤ちゃん言葉は避け、正しい言葉でお手本を見せることが大切です。そうすれば子供も正しい言葉を学ぶことが出来ます。

知力を高めるのは、何も読み書きなどの学習がすべてではありません。脳のトレーニング方法で有効なのはトランポリンです。飛んだり跳ねたりすることによって、脳が忙しく働き、刺激を与えられ頭脳を磨くことが出来ます。

遊びも子供の健全な成長には欠かせません。遊びは子供の精神、情緒、社会性、知性、身体の発達にとって必要不可欠なのです。

最近日本では、小学校から英語教育を取り入れるようになりましたが、生後9ヶ月以内に外国語に触れた赤ちゃんは、その後、他言語を学ぶことが楽だと感じるそうです。子供と一緒に外国語の本やCD、DVDなどの読み合わせをすることで、外国語を学ぶことの楽しさを身に付けさせられるでしょう。

良い本を選んで読ませることは、知能を高めることに繋がり、家事をさせて大人の仕事に参加することによって、社会性や家庭的な能力を学ぶと共に、運動神経や実用的な能力も発達します。

胎児期から学童期まで、子供のストレス・レベルを最小限にしておくことは、子供を幸せに穏やかに育て、脳の発達にとって最も大切なことです。

親が子供に英才教育を施すのは逆効果です。子供をイライラさせると、脳からホルモン・コルチゾールが放出されて脳細胞を殺してしまいます。子育てはできるだけリラックスして、のびのびとさせましょう。

健全な食品は成長する赤ちゃんの脳に不可欠です。豆類、ブロッコリー、ほうれん草、ベリー類、かぼちゃ、唐辛子類、トマトのような季節の果物や野菜をしっかり食べさせましょう。


『子育て・知育サポート&キッズ用品』情報館