カテゴリー別アーカイブ: 健康

水素サプリと水素水の違い

水素サプリは、水素を発生させる素材をカプセルに詰めたもので、コンパクトで持ち運びしやすいのが特長です。


水素サプリは水素水とは異なり、水素を摂取するために多くの水を飲む必要がないため、腎臓病など水分摂取制限が人や高齢者で多くの水を飲むのが苦手な人に適しています。

このため、最近では、クリニックなどでもアンチエイジングケアのために使われ始めており、また、水素水と水素サプリを併用する人も増えているようです。

水素サプリと水素水の一番大きな違いは、水素が体に吸収されるまでのプロセスです。

そもそも、水素は水に溶けた状態でないと体に吸収されませんが、水素水はすでに水素が水に溶けた状態にあるため、飲むと水と一緒に水素が体内に吸収されます。

一方、水素サプリは、飲むとまず胃の中で水素が発生し、その発生した水素が胃液などの水分に溶けて、その分だけ体に吸収されます。
このため、水素サプリから発生した水素量と、実際に体内で吸収される水素の量は大きく異なるのです。


「ナチュラ水素」は【水素濃度1.6ppm】の高水素濃度サプリです。

3種類の酵素と働き

酵素は食べ物の消化、皮膚の新陳代謝、血液の循環など体のあらゆる働きに関わっておりますが、大きく分けて、人間の体内酵素である「消化酵素」と「代謝酵素」、食物に含まれる「食物酵素」の3種類があります。


消化酵素は食べたものを体が吸収しやすいように消化するためのものです。ご飯などに含まれているデンプンを分解するアミラーゼ、肉などのたんぱく質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼなどがこれに該当し、消化酵素によって分解された栄養素は小腸で吸収されエネルギーとして使われます。

このエネルギーを体の中で働かせるのが代謝酵素で、運動、呼吸、脳の活動、老廃物の排出、ウィルス退治、肌の新陳代謝など、人間の生命活動のあらゆる場面で無数の消化酵素が活躍しております。

ただし、消化酵素を使いすぎると、代わりに代謝酵素が不足してしまうため、消化酵素を節約して代謝酵素の量を増やすことが健康のためには大切ですが、この代謝酵素の働きを助ける栄養素が必要となります。

それには「食物酵素」の力を借りなければなりません。例えば、新鮮な生野菜や果物、刺身、納豆や味噌などの発酵食品に含まれる食物酵素は、消化を助けて体内の消化酵素の無駄遣いを抑制してくれます。

寿司や果物を食べると、お腹がスッキリするのも、食物酵素が消化を助けてくれているからです。

食物酵素によって消化酵素が節約されれば、それだけ代謝酵素に余裕ができるため、新陳代謝や病気の予防、あるいは、解毒作用が活発になります。

その結果、肌や胃腸の調子が良くなったり、代謝力が上がるため痩せやすくなったりするなど、体に好循環が生まれ健康が維持されるのです。


日本盛「植物生まれの酵素」

便は健康のバロメーター

便の状態は健康状態を知る上で非常に重要な要素で、内臓の疾患を知る上で、便はそのサインになります。


例えば、大腸がんは自覚症状がほとんどありませんが、実際は、体内が非常に深刻な状態になっているものもあります。


このため、見つかったときには、症状が進行していることが多く、治療も困難となります。


しかし、便の状態をチェックすることにより、こうした体内の異常をいち早く感知することができます。


大腸がんも、初期症状のひとつとして便秘気味になりますし、便秘や血便があったために病院で検査をして、大腸がんやポリープが見つかったというケースも少なくありません。


便は食事や環境の変化や精神状態の影響も受けやすいものですから、自分の健康状態を知る上で、役に立つ目安ともなりますので、できれば、日ごろから便の状態をチェックし、異常はないか確認しましょう。


正常な人の便通は1日1回、もしくは2~3日に1回あり、バナナ状か細い便く柔らかい便が出ます。


下痢気味の人は、1日に5回以上便通がある、泥や泡、もしくは液状の便が出ます。


便秘傾向の人の便通は1週間に1から2回、あるいは、それ以下で、コロコロした硬く小さい便や、それが集まったものが出ます。


便の色もチェックが必要です。正常な便合は黄色や黄褐色ですが、内臓で出血が起きている場合は、赤色や黒色となります。また、白い便がでると膵臓がんなどの可能性があります。


便秘茶「桃花スリム&モリモリスリム」

酵素ドリンクを生活に取り入れる

ダイエットは、運動を取り入れて健康的に美しく減量したいものです。運動といっても軽いジョギングやウォーキングでOKです。


とは言え、冬の寒い時期は外に出るのがおっくうになりますし、運動の効果だって直ぐには現れません。


そんな時に試したいのが酵素ドリンクです。これを運動前に飲んでおくと新陳代謝が上がりやすくなって効果的に汗をかいたり、脂肪を効率的に燃焼してカロリーを消費しやすくなります。


また、不規則な生活をしていると、暴飲暴食や消化の悪いジャンクフードを食べることが多くなってしまいます。これでは、体内の酵素がこれらを消化するために使われてしまい、摂取した栄養成分をエネルギーに変換するための代謝酵素が減少してしまいます。


これを補うためには、生野菜や果物、海藻などに多く含まれている、消化を助ける酵素・食品酵素ですが、バランスの取れていない食生活ではムリな話です。
このため、体の代謝が悪くなるだけでなく、栄養も不足して身体が不調をきたしてしまいます。


もし、あなたが、何となく体がだるい、ぼーっとするなどで悩んでいるなら、それは、酵素が不足しているかもしれません。


規則正しい食生活で、酵素が正しく機能できる体内環境を目指しましょう。余分な栄養や過度の飲食が解消されれば、酵素がバランスよく消化と代謝を行い、内臓の負担も軽くなります。


これに加えて、酵素ドリンクを利用すると、ドリンクに含まれる酵素が消化をサポートしてくれるので、代謝を一層促進してくれます。

「まあるい旬生酵素」は【満足度90%】ダイエット&便秘解消の生酵素サプリ♪

イライラ改善に効果がある栄養素は?

仕事でも、人付き合い、子育てなど何かとストケスが溜まる現代社会です。ストレスが溜まるとイライラして、ついには他人に当たり散らしたりすることもあります。


それを防ぐため、スポーツをしたり、散歩をしたり、親しい友人と酒を飲んだりしてストレスを発散させようと努力します。


イライラや不眠、目の疲れが気になるときは、バランスのとれた食事できちんと栄養を補給して、体をケアすることも大切です。また、ストレスの緩和が期待されるサプリメントを摂取するのも一つの方法です。

日常生活の中でイラッとすることが多い人にお勧めなのが、「ビタミンB群」のサプリメントです。

ビタミンB群の中でも、ビタミンB1が不足すると、体内の糖分がしっかり脳に届かないために、神経の働きが鈍ってイライラや興奮しやすくなります。

ビタミンB1は糖分を代謝し脳まで届ける働きを持っています。疲れたりイライラしたりするとチョコレートなど甘いものを食べたくなりますが、糖分や炭水化物を摂取しても、ビタミンB1も一緒に摂取しなければ、脳にまで行き届きません。

また、ビタミンB12が不足すると、神経過敏や無気力といった症状が発生します。ビタミンBは8種類(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、ビオチン、葉酸、パントテン酸)あり、これらをビタミンB群として合わせ摂取することによって、それぞれが相乗効果を及ぼして、より良い効果を発揮するのです。

また、ビタミンCを摂取の大切です。ストレスを感じると身体は活性酸素を発生させますが、ビタミンCはそれを除去する働きを持っているからです。

「頭がボーッ」なったら、活性酸素が大量発生して脳の働きが低下しているかもしれません。ビタミンCを摂取して活性酸素を除去しましょう。


「母の滴スーパープラセンタドリンク」は特に中高年の方にお勧め

人体に重要な成分「コンドロイチン硫酸」

実はこの成分は、お肌への働き以外にも、様々なメリットのある成分なのです。
歳を取ると皮膚の保湿性や潤滑性が悪くなり、肌のしわが目立ったりカサカサした乾燥肌になってしまいますよね。これは体内で生合成される成分「コンドロムタンパク」が、加齢と伴に減少してしまうことが一因しているからなのです。
体内で生成されにくいのであれば、外部から補給する必要があります。そこで注目したい成分が「コンドロイチン硫酸」なのです。
コンドロイチン硫酸は「ムコ多糖体」と呼ばれる粘々した粘性物質の重要な構成成分の一つです。ムコ多糖体とは、細胞や繊維、器官といった体内を構成する要素の間を結び、それらを保護、栄養補給する結合組織の主要成分です。
コンドロイチン硫酸が及ぼす生理作用は、以下のものが挙げられます。
・組織に保湿、潤滑、弾力性をもたらし、栄養の吸収、運搬、代謝を促進
・体内の結合組織の構成
・カルシウム代謝に関係し、骨の成長や骨折の回復に貢献
・皮膚や組織の損傷を修復
・血中コレステロールや過酸化脂質を除去し、動脈硬化等を予防
・間接、靭帯、腱の弾性、円滑性を保持
・目の角膜や水晶体の透明性や弾力を保持
・細胞の増殖の促進し、造精作用等をサポートする
・膵リパーゼの作用を阻害し、食事中の脂肪の吸収を遅らせる
これらの働きにより、動脈硬化、解毒、代謝異常、炎症などの様々な症状への薬理効果があると考えられています。また、主に変形性関節症などの症状にも用いられています。

軟骨成分サプリ【ロコモプロ】は、節々のツラ~イ悩みに応えます♪

浄水器の家庭用品表示法

浄水能力は数値であらわれますので除去データーの提示を販売元に求めることが賢明です。
浄水器を選ぶ場合、家庭用品表示法のJISS3201の試験方法にそった13項目の試験結果があるので、これを参考にすることができます。しかし、残留塩素は必修ですが、その他は任意です。
■JIS規格の除去対象物質13項目
 残留塩素、総トリハロメタン、CAT(農薬)、2-MIB(カビ臭)、濁り、溶解鉛、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、ジブロモクロロメタン、ブロモジクロロメタン、クロロホルム、ブロモホルム
■家庭用品表示法JISS3201の3つの問題点
■JIS3201は厚生労働省の省令により定められた家庭用品品質表示法に基づく浄水器の性能を表示するものです。
水道水を除去対象としない井戸水用、携帯用、飲用目的ではないシャワー用浄水器、家庭用ではない業務用、工業用、浄水機能が付加機能のアルカリイオン整水器は対象となっていません。
■除去表示対象項目は、13項目だけです。
水道水には多くの危惧される物質が存在しますが、JIS規格の除去対象物質は13項目です。
残留塩素、総トリハロメタン、CAT(農薬)、2-MIB(カビ臭)、濁り、溶解鉛、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、ジブロモクロロメタン、ブロモジクロロメタン、クロロホルム、ブロモホルム
しかし、下記の危惧物質の性能表示はありません。
ビスフェノールA、ダイオキシン類、一般細菌、大腸菌、クロム、大腸菌O157、クレブシエラ、テリジュナ、クリプトスポリジウム、パーバム、オーシスト、ポリオウイルスタイプ1、ロタウイルスSA-11、PCB、ジクロロエタン、サルモネラ菌、殺虫剤、テミック、EDB、水銀、砒素、シュードモナス菌、オガワコレラ菌、緑膿菌、ジクロロプロパン、アンチモン、バリウ ム、セレン、カドミウム、フェノール類、アスベスト、病原性ブドウ球菌、アルディカーブ、四塩化炭素、クロルデン、カンピロバクター腸炎菌、ジアージアラ ンブル鞭毛虫、クレブシエラ肺炎菌、リステリアモノサイトゲネス、化膿連鎖球菌、
■使用開始時のデーターの表示はしなくても良い
JIS規格の浄水能力を示す浄水量は除去対象物質の除去率が80%を割った時のものです。使用開始時から80%を割るまでの公表は義務付けられていないため、その間の安全性は判断ができません。このため、製品によって差異があっても、JISの表示では同じ性能とみなされてしまいます。

セントラル方式浄水器「ソリューヴ」

自然治癒力の主役は免疫力

人間の体には、病気にかかったり、かかりそうになったとき、それらを自らの力で治したり防ごうとする力が備わっています。
病気になっても負けない、病気になりにくい人は、自然治癒力のうちでも自己防衛機能、特に免疫戦士の免疫力の強い人といえます。
癌を始め成人病の予防や治療に大きな影響を与える自然治癒力を確実に高めてくれるのは、その主役である元気な免疫なのです。
では、元気な免疫の素は何でしょうか?それは、性質の異なる何種類かの免疫細胞からなる白血球です。
すなわち、免疫力は白血球の数と活性によって決まるといわれております。
免疫力を高めるためには、免疫機能の戦士たちである免疫細胞、顆粒球、マクロファージ、NK細胞、T細胞、B細胞といった リンパ球をバランスよく元気にすることが大事です。
とりわけ、体内でのガン細胞の増殖を阻むためには、NK細胞の免疫力は重要です。
NK細胞というのは、その名が示すように生まれながら(Natural)にして殺傷力(Killer)を備えている細胞で、常に体中をめぐり、ガン細胞の監視や殺傷を行う役割を果たしています。
T細胞やB細胞は他からの信号を受けて血液中に増加しますが、NK細胞は全身に一定数存 在し、ガン細胞があるかないか自らパトロールをしながら、ガン細胞を見つければ即座にその場で攻撃をします。
NK細胞の能力が高い人にガンが少ないということから、NK細胞はガンの予防と治療に重要な役割を果たしているといえます。
もちろん NK細胞は、細菌やウイルス、腫瘍細胞も標的にして攻撃する優れものです。そのNK細胞の活性・成長・分化を促すのが、トランスファー因子をはじめとしたサイトカインと言うわけです。ですから、自然治癒力(免疫力)を高めれば、不治の病とされるガンも恐くはないということになります。
「玉川岩盤浴スーパーマット」で【免疫力や自然治癒力】をUP♪

精力アップをする栄養素

精力アップは精力剤だけでなくふだんの食事から、必要な栄養素が含まれている食べ物をたっぷりと摂取することが大切です。
亜鉛は、生殖機能を向上させ、精子の運動を活発にする働きがあるので「性のミネラル」ともいわれております。牡蠣、スルメなどの魚介類、ごま、カシューナッツ、ナチュラルチーズなどに多く含まれています。
セレンは、亜鉛と同じく生殖機能のために大切な栄養素で、不足すると、精子の数が減少し、精子の運動能力の低下も招いてしまうことになります。わかさぎ、イワシなどの魚介類、卵、乳製品などに多く含まれています。
鉄は、精子の形成と製造を促す働きがあります。海苔、ひじき、レバーなどに多く含まれています。
マンガンは、精子の運動率を上げる働きがあります。 玄米、栗、干し柿、パイナップルなどを始め、多くの植物性の食べ物に含まれているので、よほどの偏食をしない限り不足する心配はありません。
ビタミンEは、男性ホルモンの分泌を活発にする働きがあります。 にじます、うなぎ、あゆなどの魚介類、アーモンド、かぼちゃなどに多く含まれております。

精力剤と男性専用クリックの比較