カテゴリー別アーカイブ: 食品

にんにくの保存方法

にんにくをそのまま新聞紙に包んで、匂いが漏れないようポリ袋に入れて保存します。新聞紙はむれてカビの原因を防ぐためです。


保存場所としては、冷蔵庫のチルド室などで保存します。冷凍するときは、皮を剥いて一片づつにして、フリーザーパックなどに入れて冷凍保存します。


その他、漬け込んだり加工したりして、瓶詰めなどにする方法もあります。


長期保存とした場合は、少しだけ面倒ですが、『すりおろし』 をした状態で保存する方法もあります。


量はお好みですが、にんにくをすりおろします。変色を防ぐために、お酒やレモン汁などを少量加えます。

次に、すりおろしたにんにくをジッパーつきの保存袋に入れ、空気を抜くようにしながら薄く伸ばします。密封した状態で上から菜箸等を使って線をつけます。この作業を行うことで使いたい時にパキッと簡単に折って使えるので便利です。


簡単に加工して、手軽に保存できる方法をあります。用意するものは、にんにくと保存用のビン、オリーブオイルです。まずは、にんにくを1片ずつバラしてから皮を剥きます。


次にビンを煮沸消毒します。煮沸方法は鍋にビンとフタを入れ、上から水を注ぎます。ビンが隠れるまで入れたら、火をつけて沸騰させます。沸騰後は5分そのままの状態で火にかけます。終わりましたら、乾いた布巾の上へ逆さにして置き乾かします。


熱いうちにビンの中へにんにくを入れ、上からオリーブオイルをたっぷり注ぎます。最後にフタをして完成です。冷蔵庫で1ヶ月くらいは保存できます。


「やわた」の【黒香醋にんにく&黒香醋しょうが】で健康生活と体質改善♪

食材宅配サービスの注文方法

食材宅配サービスには、1週間の夕食レシピがカタログにまとめられており、その中から好きなメニューを選ぶと必要な分量の食材が届くタイプ、皮むきなどの下ごしらえが済んでいて、 味付けも決まったものが届く半調理タイプ、冷蔵・冷凍状態の料理を電子レンジで温めなおすだけの完成品タイプがありますが、その注文方法は取り扱うサービス会社によって様々です。

一般的には、電話やFAX・インターネット・カタログの申込用紙を配達員に手渡しするなどが主な方法です。


宅配食材サービスからは、メニューが記載されたカタログが送られてきますので、このカタログを見て好きなメニューを選び、利用したい日を指定して、注文します。

また、コースだけ決めてお任せで注文できる簡単なシステムもあります。


しかし、 ほとんどが事前に注文するタイプなので、前もって、次週の予定が決まっていない人には不向きな場合が多いです。

当日注文でOKなのは、地域のお弁当の宅配やネットスーパーなどに限られます。


「ミレー」は、千葉県から当日発送の宅配サービス!!

タラバガニは、なぜ脚だけなの?

毛ガニは丸ごと売っていますが、タラバガニは脚だけにカットされていることも多いです。 これはタラバガニの特徴によるものなのです。
タラバガニは、毛ガニのようにカニ味噌を食べることは出来ません。それは、水っぽくて美味しくなかったり、加熱しても固まらなかったりするためです。
また、タラバガニの身の美味しい部分は、脚と脚のつけ根(=肩)に集中しています。同じ800gでも姿がそろっての800gと、脚と肩の部分だけでの800gでは、食べられる量は随分違います。
このため、タラバガニは姿(カニの全身分そろっている状態)で買う必要性は余りないのです。
このため、家族だけで楽しむ場合は、脚だけのほうが料理も簡単ですし、殻などの生ゴミの量も少なくて済みます。
贈答用には、姿モノもありますが、食べる部分は脚と肩に集中しているのに、食べられない部位も併せて購入するのは、ちょっと割高な気がします。
このため、姿よりもカット済みのタラバガニの肩脚セットの方が喜ばれるのではないでしょうか?

「海賊.com」は北海道からこだわりのカニを発送!!

生薬の力で、未病を解消

季節が変わる、生活環境が変わる、歳をとるなどなど、様々な生活環境の変化に伴い、「体がだるい」、「食欲がない」、「眠れない」、「疲れやすい」、「手足が冷える」「精力減退」といった体調不良を引き起こすことがあります。


こんな時、病院に行って検査してもらって何ら異常が無ければ治療の対象にならないことが殆どだと思います。


しかし、東洋医学には、健康と病気の中間の状態で、病気というほどではないけれども病気に向かいつつある「未病」という特有の概念があります。


この未病の症状を、体が訴える警報のサインと考えて、体が持っている回復力や免疫力、自然治癒力を高めて、生活改善と体質改善を促すことが必要です。


近年は、生薬を活用する東洋医学に対する評価が高まってきています。生薬とは、薬効成分を持つ植物の草根木皮や、動物の骨や皮、鉱物といった天然素材を活用する薬のことで、その数はおよそ2000にも及ぶと言われています。


例えば、胃腸の働きを助け冷えの症状を緩和するショウガ(生姜)や、抗菌と解毒作用を持つワサビ(山葵)も生薬のひとつです。血圧を下げ強壮強精と鎮痛効果のあるトチュウ(杜仲)なども良く知られた生薬です。


生薬には疾患や未病の一時的な症状を解消するだけではなく、体の持つ自然治癒力を高めて体質を改善していく力が秘められているのです。


そして、これら複数の生薬を、決められた処方に従って調合したものが漢方薬なのです。


勃起力アップなら「レッドドラゴン」