カテゴリー別アーカイブ: ペット

ライフステージに応じたドッグフードの与え方

ドッグフードの主食には、栄養バランスが整った「総合栄養食」と書いてあるものを与えましょう。これに水を合わせて与えることで、犬の健康を維持することができます。


また、おやつなどの「間食」や「スナック」は、1日のカロリー必要量の20%以内におさえることが大切です。欲しがるだけ与えると、カロリー過多による肥満になったり栄養が偏ったりしてしまいます。


また、子犬、成犬、シニア犬とライフステージ(成長段階)によって必要とする栄養素が異なりますから、それぞれのライフステージに合わせて、フードの種類や量を与えることが大切です。


生後30日頃までの哺乳期(授乳期)には、母乳または代用乳(犬用ミルク)を与えます。


生後20~60日頃までの離乳期には、離乳食または子犬用ドライフードをお湯やミルクで柔らかくして与えます。


成長期の1歳頃まで(大型犬は1歳半、超小型犬は10ヶ月齢)は、子犬用(成長期犬用)フードを与えますが、どんどん成長する子犬のために高栄養になっております。


これを、成長が落ち着く1~7歳頃の成犬期に入っても食べさせ続けると、肥満になってしまう可能性がありますので、1歳を過ぎたら成犬用フードに切り替えましょう。


約7~10歳以降はシニア(高齢)期に入り、基礎代謝や消化力が落ちてくるので、脂肪が少なめで胃腸の負担を減らしたものや、ビタミンE、グルコサミンなどが配合されたフードを与えましょう。


「毎日一緒DHA&EPA」で認知症予防

ペットを飼う前に考えるべきこと

ペットを飼うと言うことは、新しい家族ができるのと同じです。しかし、今住んでいる家は、ペットの飼育に適した環境となっておりますか?


特に、集合住宅などでは、ペット可のマンションも増えて来てはおりますが、まだまだ、少数です。


ペット不可の賃貸住宅でペットを飼えば、それは契約違反になりますし、ペット不可のマンションで飼えば、たとえ自分がオーナーでも管理規約違反になり、トラブルの元となるだけでなく、近所の住民にも迷惑をかけることになります。


また、家族全員の同意も必要です。必ず家族全員の同意を得ましょう。家族全員がペット好きなら問題はありませんが、一人でもペット嫌いがいると家庭争議の元となりかねません。


ペット飼育には、結構お金と手間がかかります。毎日の餌代、ブラッシング、散歩、それに、病気、避妊手術、予防接種などで動物病院に通う必要があります。


ペットには人間のように保険が利きませんので、人間以上に治療費が掛かります。このため、場合によってはペット保険に加入する必要もあるでしょう。


こうした諸々の出費が家計を圧迫するようであれば、飼育は考えなおした方が賢明です。


また、親戚の不幸で家を留守にする、自然災害に遭遇する、家族が入院した、あるいは死亡した時などは、ペットの世話をすることができなくなります。そんな時、ペットを引き取ってくれる、あるいは、一時預かってくれる人はおりますか?


動物の毛や糞、尿が原因で喘息やアレルギーを起こすお子さんがいる場合は、飼うべきではありません。


アレルギーを悪化させるだけでなく、ペット自体も、他人に譲ったり、場合によっては、保健所に引き取ってもらう事態になりかねないからです。


「NDFナチュラルドッグフード」は【100%無添加】の超優良ドッグフードです。

ペット保険を選ぶポイント

人間と同様に、ペットも年を重ねれば重ねるほど病気のリスクは高くなっていきます。


このため、飼い主としては、ペット保険に生涯加入させておきたいと願うのは当然のことでしょう。


ペット保険に新規加入する際は、加入可能な年齢に関する条件を付けている保険会社がほとんどですから、できるだけ年齢の若い内に加入することが大切です。新規加入後の保険の更新は終身で行える保険会社が殆どだからです。

また、保険会社によっては、ペットの年齢に応じて、補償内容を充実させるプランを用意しているところもあるので、初めてペット保険に加入させる時は、この点も考慮に入れながら、数社の中から比較して選ぶようにしましょう。

選ぶ際のチエックポイントとしては、補償されるものされないもの、犬種や猫種によってなりやすい病気も補償されるか、老齢に対策するための補償の厚いプランはあるか、提携している病院が近くにあるか、清算方法は窓口か後日か、終身タイプのものかなどがあります。

ペットに合っている保険に加入する事は、年老いていくにつれて起こるトラブルにも、適切に対応でき、なおかつ、医療費の心配も解消することができるのです。

獣医師が作ったペット保険「ペッツベスト」は補償率80%!!

ペット種別 ペットフードの種類

ペットの種別により、必要なペットフードの栄養バランスは違ってきます。

■ドッグフード
ライフステージ別・機能目的別・犬種別・素材・パッケージなどにより、多種多様な種類が存在しております。
また、犬のサイズや生活様式により、体重あたりのエネルギー要求量が違ってくるため、大型犬・小型犬などのサイズの違いや、室内犬か活動犬かによってもフードが異なります。

■キャットフード
ライフステージ別・機能目的別・猫種別・素材・パッケージなどにより多種多様な種類が存在しております。

■小動物用フード
ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、リス用など動物種別が一般的です。

■鳥用フード
インコ、カナリヤ、文鳥等の小鳥用とニワトリ、チャボ、ハト、キジ、九官鳥、オーム等の観賞鳥用の専用フードが存在します。

■観賞魚用フード
鯉、金魚、熱帯魚、フナ、メダカ、タナゴ等淡水魚、海水魚等の観賞魚用の専用フードとなります。魚によって肉食、草食、プランクトンなどその種類により摂取する餌が決まっており、それにあわせたフードが必要になります。

■その他
両生類、爬虫類、ザリガニ、ヤドカリ等その他のペット用フードがあります。

「オリジン」のペットフードは【全種類六つ星】を受賞!!