カテゴリー別アーカイブ: 防犯

防犯カメラの設置場所

防犯カメラは犯罪抑止や防止をするために設置しますが。会社、個人の家、道路なのなどによって設置する場所が異なります。


一般家庭では、家の周りに外壁があるのであれば防犯カメラは必要でしょう。外壁があって中に犯罪者が侵入した場合、防犯カメラが無いと本当に危険になります。


また、周辺に家が少ない場合や留守がちの場合にも防犯カメラは必要です。


空き巣や泥棒は自分のテリトリーを持っており、同じエリア内に出没する可能性が多い傾向にあります。このため、もし、自分の近所で空き巣被害がでたら、防犯カメラ等を取り付けて防犯対策をして守る必要があります。


マンションのベランダが2階にある場合は、家から外に出る事も出来ますし、逆に言うと外から中に入る事も可能な場所です。また、人目に付きにくい場所がら泥棒や空き巣が狙いやすい場所でもあります。


ですから、ベランダに防犯カメラを設置する事はとても有効でする威嚇効果が期待できる「C マウントカメラ」や就寝後に活躍する「赤外線監視カメラ」等がお勧めです。


また、マンションなどの集合住宅では、管理人さんがいないマンション入り口辺りや階段、廊下などは、不審者がいたとしても直ぐに把握出来ない場所です。


しかし、こういった場所は、共有場所になりますので、個人の判断で付ける訳にはいきません。管理組合に図って設置することが必要です。


また、コンビニやスーパー等などの小売店では、万引きが多発しがちですので、犯罪防止の為に設置している場合が多いようです。


飲食店の場合は、厨房からお客さんの状況を把握する為に付ける場合もあるようです。また、お客さん同士のトラブルや、従業員とお客さんのトラブルなどあらゆる状況を把握する為にも、設置する場合が多い様です。


このように、場所や目的により、設置する箇所が変わってきますので目的を明確にし、どこに設置したいのか、設置したらどの時間帯を監視したいのかを明確にしておきましょう。


ホームセキュリティ「MivaTek」は【月々0円】スマホで簡単管理