カテゴリー別アーカイブ: 育毛

眉毛とまつ毛の働き

よく平安時代の貴族の絵などを見ると、眉毛を剃って、別のところにまつ毛を書いているが、なんとも間の抜けた感じがする。

また、江戸時代の既婚の女性も、歯はオハグロにし、眉毛は剃ったようだが、これも、現代人の感覚からすると、顔に締まりがなく、何とも奇妙な感じだ。少なくとも、現代では、眉毛がないと美人の仲間に入ることはできないだろう。


この眉毛は、あってもなくても、さして影響がないように見えるが、とんでもない!


もしなかったら、大変な煩わしさを感じなくてはならなくなる。それは眉毛が日よけと汗よけの役目をしているからだ。

まぶしいときに目を細めると、眉毛は少し前に飛び出すが、これは、日よけとしての役割を果たしているからだ。

 それ以上の働きは、汗よけだ。暑いと額から汗が滴り落ちるが、その汗を、まつ毛は左右に振り分けてくれ、汗が目に入るのを防いでくれるのだ。


次に、まつ毛だが、何の役にも立っていないように思えるが、このまつ毛は、目に入ろうとするチリをカットしてくれるのだ。もし、まつ毛がなければ、風の強い日には、外を歩けないほど大変な目にあってしまう。


 まつ毛は数カ月で抜け替わってしまうため、髪の毛のように長く伸びることはないのだ。


「チャップアップ」は【満足度97%】の濃密育毛剤です。

頭皮の皮脂の働き

頭皮の皮脂は、毛乳頭と表皮の中間あたりに位置する皮脂腺という器官から分泌されておりますが、皮脂腺の数は、多いといわれる額から鼻先にかけてのTゾーンの2倍以上あります。すなわち、頭皮から分泌される皮脂の量は、おでこ部分の2倍以上もあるのです。


一般的に皮脂は、髪の毛にとって悪い影響を及ぼすと言われておりますが、この皮脂には重要な役割があります。

皮脂は汗と混ざることによって皮脂膜へと変化し、髪の成長を促す、肌を外部の刺激から保護する、水分蒸発量を抑制する、紫外線によるダメージを和らげるなどの役割を果たしております。

このため、皮脂が不足すると皮脂膜が十分に機能しなくなって様々な肌トラブルの原因となります。

最近、洗浄力(脱脂力)が強すぎる洗浄成分を使ったシャンプーが敬遠されているのは、このためなのです。

しかし、皮脂は時間が経つと酸化して過酸化脂質になって、皮膚への刺激物となるだけでなく、毛穴に皮膚の角質や汚れ、皮脂の詰まりによって雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

また、皮脂の分泌量が多くなると、刺激物が多くなって頭皮がべたついて、ホコリや雑菌がくっつきやすくなって頭皮環境を悪化させて、抜け毛や薄毛の原因にもなりますので、適度に洗浄(シャンプー)をする必要があります。

「SHEEサプリメント」は【専門機関向け】に開発された発毛・育毛サプリです。

育毛のアプローチ法

育毛には色々なアプローチの方法があります。例えば、育毛剤と育毛シャンプーを併用して育毛を促進する方法や、体質そのものを改善していく方法、あるいは、育毛を促進するため道具を使って頭皮などのマッサージを行う方法など様々あります。


特に、育毛を促進させるための育毛剤などは、日々新しいものが開発されて販売されております。

しかし、これらを使って本当に育毛を成功させするためには、まず、ハゲや抜け毛の原因を知ることが非常に重要となってきます。

それは、育毛剤にしても育毛シャンプーにしても、色々な成分が含まれておりますが、その成分が自分の髪の毛や頭皮に本当に効くのかどうかは、自分自身の頭皮環境や抜け毛の原因が何であるのかによって左右されるからです。

抜け毛やハゲは、年齢によるものなのか、ストレスによるものなのか、あるいは、生活スタイルによるものなのか、その原因によって、対処方法も違い、選択するツールも変わってくるのです。

もし、ストレスが原因である場合は、ストレスを解消することが問題解決の一番の近道になりますし、頭皮ケアが出来ていないのであれば、良い育毛シャンプーを選ぶべきです。まずは、自分自身の頭皮の症状にじっくりと向き合って検証しましょう。


薄毛改善なら「ペルソナ」

育毛剤と栄養素

育毛剤の効果を最大限引き出すには食事にも気を付ける必要があります。体質と髪の毛の状態には、非常に密接な関係があるからです。


髪の毛の主成分は「ケラチン」というアミノ酸の一種です。ケラチンを含む食品には、にんにく、たまねぎ、ブロッコリー、赤唐辛子などあります。


ケラチンは体内で合成することが出来ますが、それには、その元となるアミノ酸の一種「メチオニン」が必要なのです。この、メチオニンを含む食品は、にんにく、グリーンピース、とうもろこし、ほうれん草、大豆、チーズ、ナッツ類などになります。


その他にも、レバー、卵黄、鮭、芽キャベツなどに含まれる「ビタミンB6」も重要な栄養素です。


この内、ビタミンB6は、アミノ酸を体内で合成する際に必要なだけでなく、皮膚の新陳代謝を促す効果があります。さらに、過酸化脂質の発生が抑制されるため、皮脂の分泌過多が気になる方には、特にお勧めです。


ミネラルの一種「亜鉛」の摂取も必要です。これは、牛肉、小麦、チーズなどに含まれていますが、特に、多く含まれるのは牡蠣やレバーです。ただし、亜鉛の過剰摂取は、鉄分の吸収を妨げることが分かっていますので、摂りすぎには気を付けましょう。男性で1日8mg、女性は1日6mgまでが目安です。


しかし、どんなに気を付けていても、食事だけで栄養素をすべて摂取するのは難しいかもしれません。そんな時は、育毛サプリメントを利用するのも手です。ただし、サプリメントはあくまでも補助食品です。一日3食をきちんと摂ったうえでのプラスアルファとして使用するにとどめましょう。


発毛を実感したいなら 「フィンジア」