ペット種別 ペットフードの種類

ペットの種別により、必要なペットフードの栄養バランスは違ってきます。

■ドッグフード
ライフステージ別・機能目的別・犬種別・素材・パッケージなどにより、多種多様な種類が存在しております。
また、犬のサイズや生活様式により、体重あたりのエネルギー要求量が違ってくるため、大型犬・小型犬などのサイズの違いや、室内犬か活動犬かによってもフードが異なります。

■キャットフード
ライフステージ別・機能目的別・猫種別・素材・パッケージなどにより多種多様な種類が存在しております。

■小動物用フード
ウサギ、フェレット、ハムスター、モルモット、リス用など動物種別が一般的です。

■鳥用フード
インコ、カナリヤ、文鳥等の小鳥用とニワトリ、チャボ、ハト、キジ、九官鳥、オーム等の観賞鳥用の専用フードが存在します。

■観賞魚用フード
鯉、金魚、熱帯魚、フナ、メダカ、タナゴ等淡水魚、海水魚等の観賞魚用の専用フードとなります。魚によって肉食、草食、プランクトンなどその種類により摂取する餌が決まっており、それにあわせたフードが必要になります。

■その他
両生類、爬虫類、ザリガニ、ヤドカリ等その他のペット用フードがあります。

「オリジン」のペットフードは【全種類六つ星】を受賞!!

ショルダーバッグの選び方

ショルダーバッグは、私たちの日常生活において身近なバッグの一つでしょう。肩掛けだけでなく、斜め掛けにも使えるため、用途に合わせて様々なシーンで使える便利なバッグとして人気を得ており、特にメンズバッグの定番でもあります。
ショルダーバッグの掛け方は、肩に掛けた紐を下に真っすぐに垂らし、バッグを脇に抱えて使うのと、紐を斜めに掛けてバッグを固定して使用する2つの方法があります。
紐を真っすぐに垂らして使うと、バッグがしっかり固定されないため、どうして片方の手で押さえる必要がありますが、斜めがけで使用すると、両手を使う事が出来るので、なにかと便利です。
また、肩にかけることはもちろん、手で持つことのできるショルダーバッグもありますので、用途に応じて使い分けることができます。
ただし、いくら便利だと言っても、不釣り合いなほど大きいショルダーバッグだと、見た目も良くありませんので、適切な大きさのものを選ぶことが大切です。
持ち運ぶ書類や荷物に合わせて、トートバッグ程度の大きさのものを選び、バッグのベルトが調節出来るものが良いでしょう。もし、調節出来ないのであれば、バッグの口が肘の位置にくるものが便利に使えます。

NAGATANI(ナガタニ)で【高品質&オリジナル】バッグを♪

病気やケガに対応する靴

膝関節症・股関節症・腰痛をはじめ、歩行に支障がある人も、自分に合った靴を選び、中敷き(足底板)などで正しく補正することで、症状が改善されます。
また、リウマチや糖尿病などの病気により、合う靴がない、歩くことが苦痛という悩みを抱える人がおります。
症状の進行に伴って、痛い箇所が変わるリウマチでは、変形した足の状態に合わせて靴の中や靴底を補正し、足への負担を少なくし、歩行を手助けすることが出来ます。
糖尿病では皮膚や血管が弱く、もろくなるので、ちょっとした傷からの感染や壊死を起こしやすく、足の切断につながる危険性があります。
このため、タコや傷にならないよう、靴は足に当る部分に柔らかい素材を使い、縫目を少なくする必要があります。
このように、それぞれの症状に合わせて、靴の補正を重ねていくことによって、症状を緩和させ、歩行を助け、 「歩いてみよう」という前向きな気持ちを起こさせることができます。
このように、病気やケガに対しても、靴が重要な役割を果たしているのです。

イタリアのブランド紳士靴なら【アントニオ ルフォ】