3種類の酵素と働き

酵素は食べ物の消化、皮膚の新陳代謝、血液の循環など体のあらゆる働きに関わっておりますが、大きく分けて、人間の体内酵素である「消化酵素」と「代謝酵素」、食物に含まれる「食物酵素」の3種類があります。


消化酵素は食べたものを体が吸収しやすいように消化するためのものです。ご飯などに含まれているデンプンを分解するアミラーゼ、肉などのたんぱく質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼなどがこれに該当し、消化酵素によって分解された栄養素は小腸で吸収されエネルギーとして使われます。

このエネルギーを体の中で働かせるのが代謝酵素で、運動、呼吸、脳の活動、老廃物の排出、ウィルス退治、肌の新陳代謝など、人間の生命活動のあらゆる場面で無数の消化酵素が活躍しております。

ただし、消化酵素を使いすぎると、代わりに代謝酵素が不足してしまうため、消化酵素を節約して代謝酵素の量を増やすことが健康のためには大切ですが、この代謝酵素の働きを助ける栄養素が必要となります。

それには「食物酵素」の力を借りなければなりません。例えば、新鮮な生野菜や果物、刺身、納豆や味噌などの発酵食品に含まれる食物酵素は、消化を助けて体内の消化酵素の無駄遣いを抑制してくれます。

寿司や果物を食べると、お腹がスッキリするのも、食物酵素が消化を助けてくれているからです。

食物酵素によって消化酵素が節約されれば、それだけ代謝酵素に余裕ができるため、新陳代謝や病気の予防、あるいは、解毒作用が活発になります。

その結果、肌や胃腸の調子が良くなったり、代謝力が上がるため痩せやすくなったりするなど、体に好循環が生まれ健康が維持されるのです。


日本盛「植物生まれの酵素」

女性用バッグの種類

旅行、通勤、買い物、デートの時など日常生活において、バックは欠かすことが出来ません。バックには使用目的に応じて様々な種類があります。


女性が普段よく使うバッグの一つにポーチがあります。これは、化粧直しに必要なメイクに必要な道具を収納する小型のカバンで、「化粧ポーチ」と呼ばれることもあります。

女性が外出時に持ち歩くのが、ハンドバッグです。これは、留金、ファスナー、ふた、締めひもなどで開閉する女性用小型手提げカバンで、化粧品の他、ハンカチ、財布、携帯電話など、身辺用品を入れて持ち運びます。

トートバッグは、角型の手提げカバンの総称で、持ち運ぶ、携帯という意味の英語toteに由来しており、サイズや素材は豊富にあります。

手で持つだけでなく肩掛けが付いているのがショルダーバッグで、両手が自由に使うるため機能的です。サイズやデザインの他、使用素材も皮革、布、ナイロンなど多岐にわたっております。

ショッピングバッグは、環境に配慮して、ビニールや紙の買い物袋の使用量を削減するため、流通業系企業が推奨しているもので、トートバッグのような手提げ型カバンが主流です。

セカンドバッグは、文字通り2番目のバッグで、補助的に大きなカバンの中に入れる小型のカバンですが、最近では、貴重品や身辺用品を入れて単独で使うようになりました。

ボストンバッグは、宿泊を伴う短期の旅行に使用されるもので、上部を口金もしくはファスナーで開閉し、底が長方形の小旅行用カバンです。

リュックサックは、主として、登山やハイキングに用いる背負い袋です。


バック・財布の通販ショップ

ライフステージに応じたドッグフードの与え方

ドッグフードの主食には、栄養バランスが整った「総合栄養食」と書いてあるものを与えましょう。これに水を合わせて与えることで、犬の健康を維持することができます。


また、おやつなどの「間食」や「スナック」は、1日のカロリー必要量の20%以内におさえることが大切です。欲しがるだけ与えると、カロリー過多による肥満になったり栄養が偏ったりしてしまいます。


また、子犬、成犬、シニア犬とライフステージ(成長段階)によって必要とする栄養素が異なりますから、それぞれのライフステージに合わせて、フードの種類や量を与えることが大切です。


生後30日頃までの哺乳期(授乳期)には、母乳または代用乳(犬用ミルク)を与えます。


生後20~60日頃までの離乳期には、離乳食または子犬用ドライフードをお湯やミルクで柔らかくして与えます。


成長期の1歳頃まで(大型犬は1歳半、超小型犬は10ヶ月齢)は、子犬用(成長期犬用)フードを与えますが、どんどん成長する子犬のために高栄養になっております。


これを、成長が落ち着く1~7歳頃の成犬期に入っても食べさせ続けると、肥満になってしまう可能性がありますので、1歳を過ぎたら成犬用フードに切り替えましょう。


約7~10歳以降はシニア(高齢)期に入り、基礎代謝や消化力が落ちてくるので、脂肪が少なめで胃腸の負担を減らしたものや、ビタミンE、グルコサミンなどが配合されたフードを与えましょう。


ペットの免疫力の維持に「ブロリコ・ペット」