太陽光発電見積のチェックポイント

太陽光発電システムの導入にあたっては、まず業者に調査依頼と見積を提出してもらうことから始まります。


主な調査・見積内容は、設置予定の屋根の方位や形状、素材、期待出来る日射量などが基準となります。なお、調査・見積の際に、自宅の設計図面や検針票を準備しておくと、スムーズに進めることが出来ます。


業者による調査が終わると、詳細な見積書が提示されますので、内容をしっかりと確認しておきましょう。疑問に思うことや不明な点などがあれば、その場で質問して解決しておくことが大切です。


見積書の内容確認にあたっては、特に、太陽光発電の機器費や工事にかかる費用とその内訳について特に注意しましょう。


また、立会費といった項目が内訳に含まれているかどうかも必ず確認しておきましょう。


費用の内訳が詳細に明記されていない場合は、後でトラブルとなってしまう場合も少なくありません。


また、太陽光発電システム自体の容量や設備機能の内容が、細かく書かれているかどうかも確認が必要です。


この他にも、業者によるアフターサービスやアフターフォロー、各種メンテナンスなどもしっかりとチェックしましょう。


見積だからと言って軽く考えていると、後々のトラブルの原因になりますので、気を抜かずにしっかりとチェックすることが大切です。


太陽光発電無料一括見積「タイナビ」