太陽光発電で光熱費を抑え、余剰電力は売電

太陽光発電システムは、自宅で電気を発電するものであるため、電気料金を大幅にダウンさせることができます。さらにオール電化と組み合わせれば、より効率的に電気を活用できるようになり、その結果、ガス料金が必要なくなりますから、光熱費を大幅に節約できます。


そして、太陽光発電最大のメリットは、余った電気を電力会社に売電できることです。太陽光発電は、主に、昼間に太陽光によって発電しますが、そのすべてを家庭で使い切れないことがあり、電気が余ることもあります。それを電力会社が買い取ってくれる制度が売電なのです。


これは、簡単な手続きさえしておけば、自動的に電気の売買が行われ、その差額が収入として振り込まれます。


当然のことながら、夜間は発電できないため、電力会社から電気を買わないといけませんが、それも夜間の電気料金を安価に利用できる「時間帯別電灯契約」などを契約することで、さらに電気料金を節約することができます。


また、太陽光発電では発電した電気を売ったり足りない分は買ったりすることで、システムとして成立しおりますので、より発電量の多い太陽光発電システムを導入すれば、売電収入は増えるということになります。このため、家庭内で使用する電力を節電すればするほど、売電収入をアップさせることに繋がっていきます。


「グリーンエネルギーナビ」

コメントを残す