タラバガニは、なぜ脚だけなの?

毛ガニは丸ごと売っていますが、タラバガニは脚だけにカットされていることも多いです。 これはタラバガニの特徴によるものなのです。
タラバガニは、毛ガニのようにカニ味噌を食べることは出来ません。それは、水っぽくて美味しくなかったり、加熱しても固まらなかったりするためです。
また、タラバガニの身の美味しい部分は、脚と脚のつけ根(=肩)に集中しています。同じ800gでも姿がそろっての800gと、脚と肩の部分だけでの800gでは、食べられる量は随分違います。
このため、タラバガニは姿(カニの全身分そろっている状態)で買う必要性は余りないのです。
このため、家族だけで楽しむ場合は、脚だけのほうが料理も簡単ですし、殻などの生ゴミの量も少なくて済みます。
贈答用には、姿モノもありますが、食べる部分は脚と肩に集中しているのに、食べられない部位も併せて購入するのは、ちょっと割高な気がします。
このため、姿よりもカット済みのタラバガニの肩脚セットの方が喜ばれるのではないでしょうか?

「海賊.com」は北海道からこだわりのカニを発送!!

コメントを残す