為替相場の変動によるFXのリスク

投資や取引にはリスクを避けることは出来ません。すなわち、リスクのない投資や取引などは、存在しないと言ったほうが良いでしょう。FXもまた例外ではありません。
FXは、貯蓄型の金融商品ではありませんから、元本保証もなければ、長期運用による約定利息もありません。そして、当然のことながら、為替相場の変動リスクが伴います。
すなわち、為替相場の特性として、国際情勢に敏感に反応して短期間・短時間で激しく値動きがありますから、自分が想定した値動きとは全く違う変動があると、それだけ損失を被ることになります。
特に、レバレッジを最大の25倍と高く設定していると、1円の値動きが数万円~数十万円の損失につながってしまうこともあります。
こうした、為替相場の変動に伴うリスクを最小限に抑えるためには、投資家自身が許容できる損失を事前に設定しておき、証拠金とレバレッジの関係の適正化を図ることが大切です。
外為業者の側でも、投資家の含み損が一定以上膨らむと警告を発してくれます。これをマージンコールといい、こうしたリスクを最小限に食い止める安全装置の役割を果たしております。

FX-Jinの「恋スキャFXビクトリーDX」

コメントを残す