タグ別アーカイブ: 葉酸

葉酸の種類と違い

葉酸は水溶性ビタミンB群の栄養素で、赤ちゃんとママにとって非常に重要な役割を担っております。


水溶性のビタミンで体内では蓄積されづらいため。サプリメントから葉酸を補うことが必要不可欠です。

このため、厚生労働省も食品以外からの葉酸摂取を推奨しております。

葉酸のサプリメントで使用する葉酸には、「天然葉酸(食事性葉酸)」(ポリグルタミン酸型葉酸)と「合成葉酸」(モノグルタミン酸型葉酸)の2種類あります。

■ポリグルタミン酸型(天然葉酸)

野菜などに含まれている自然界に存在する葉酸で、野菜や果物、レバーなど自然界に存在しており、他の成分はあまり配合できません。

食品から摂取した場合は、消化の過程でモノグルタミン酸に変化して吸収されます。

吸収率は、モノグルタミンの半分です。また、1粒内の葉酸の割合は、食事と同じ形で吸収率が低いため、多く配合する必要があります。

■モノグルタミン酸型(合成葉酸)

体内に吸収される前段階の葉酸で、人工的に作られます。

吸収率が良いため、多くのサプリや健康食品が採用しており、他の成分を多く配合することができます。

吸収率はポリグルタミンの2倍です。また、1粒内の葉酸の割合は、吸収率が高いため少なく配合することができます。

合成葉酸の問題点としては、これまでは吸収率の高い合成葉酸が主流でしたが、過剰摂取になりやすく、ママや赤ちゃんへの悪影響が問題となっております。

また、日本人の多くは、合成葉酸を代謝・活用できない体質ということも明らかになっております。


「葉酸サプリ」で胎児の先天的異常対策

葉酸は赤ちゃんのためにとりたい栄養素です

葉酸は、妊娠を望んでいる女性や妊娠期の女性にとって摂取が欠かせない大切な栄養成分です。


葉酸は、ほうれん草の葉の部分に含まれている水溶性のビタミンB群の一種ですが、妊娠初期にこの葉酸が不足すると、赤ちゃんに二分脊椎などの先天性障害が起こる可能性があると言われております。

このため、厚生労働省は妊娠初期に積極的に摂取するようガイドラインを制定し、2002年からは、各自治体が発行する母子手帳に葉酸に関する記述が記載されるようになりました。

また、葉酸は細胞内で動脈硬化の危険因子であるアミノ酸・ホモシステインを、血中コレステロール値を下げるとされるアミノ酸・メチオニンに変換するのを助ける働きがあるとされています。

すなわち、葉酸を摂取することでホモシステインの産生を抑え、虚血性心疾患の予防に効果があるのではないかと期待されています。さらに、赤血球の合成や皮膚の粘膜の強化、口内粘膜の強化といった働きもします。

葉酸が不足すると、DNAの合成がうまくいかないため悪性貧血を起こしたり、口内炎や舌炎になりやすくなるといった症状が出ます。

葉酸は、ほうれん草、枝豆、アスパラガス、レバー、いくらなどに多く含まれていますが、体内に貯蔵しておくことはできないので、葉酸の効果を期待するには、こうした食品を毎日食べなければいけません。

しかし、日々の食事を通じて、葉酸の必要量を摂取することは難しいものですから、栄養バランスのとれた食事を心がけながらサプリメントで補うことをお勧めします。


妊婦さんのための「ベルタ葉酸サプリ」