タグ別アーカイブ: 認知症

認知症とグループホーム

グループホームは、認知症を患っている高齢者が、専門の介護スタッフの援助を受けながら、少人数のグループで共同生活を送る施設です。


別名、「認知症対応型老人共同生活援助事業」と呼ばれ、入居者の能力に応じて、料理や掃除などを役割分担し、自立した生活を送ることを目的としています。


自宅で過ごすのと同じような雰囲気で、家族の団らんを楽しんで生活できる場ですが、その一方で、医療ケアは行われていないため、病気にかかり共同生活ができなくなったときには、退去しなければならないケースもあります。


入居の条件としては、65歳以上で要支援2、または要介護1以上の介護認定を受けていること。施設と同じ自治体に住民票があることの2つあります。


グループホームは、認知症についての正しい知識を持ったスタッフが常駐しているので、自宅介護では難しかった自立支援を目的とした介護サービスが受けられます。


グループホームの良い面としては、要介護の認知症を患った高齢者が、グループホームという場で共同生活をすると、他人との接触が良い刺激になり、自立生活が徐々にできるようになっていきます。


グループホームの悪い点としては、入居者同士のトラブル、スタッフの質、プライバシーに関するものが殆どです。ホームの特性上、どうしても入居者のプライバシーが守れない環境にあるのは仕方ないことですが、それでも最低限の個々人のプライバシーは守られることを、多くの人は望んでいるようです。メリット、デメリットを見極めた上で、入居の検討を行う必要がありそうです。


「LIFULL介護」はコチラ

認知症は脳の病気?

認知症は脳の病気ではないとなると、人格が変わったり、家族を認識できなかったり、暴力を振るうことに対して、介護している家族がみじめな気持ちになったり、本人が故意にしているのではないかと疑ったりすることにもなりかねません。


一方、認知症が脳の病気であれば、本人の異常行動は病気がさせているのだから、本人のせいではないとして、介護する家族の心理的な負担を軽減することが出来ます。

しかし、認知症が脳の病気であるとするなら、認知症の進行への対処は医療が担当すべきものであって、介護では本人ができなくなったことを補うことしかできないことになります。

では、本当に認知症は脳の病気なのでしょうか。認知症とは、「普通の社会生活がおくれなくなった状態」のことを言うのであって、アルツハイマー病や脳血管障害といった認知症の原因となる病気そのものを認知症というわけではありません。

すなわち、アルツハイマー病や脳卒中を発症した人全てが認知症になるわけではないのです。

アルツハイマー病による脳の委縮と、その結果現われる症状の関係については殆ど分かっていないのが現状で、脳血管障害についても、脳のどの部位に障害があると、どのような麻痺が現れるかについては分かっていますが、どこに梗塞があると、言動が粗暴になるのかということまでは分かっていません。


「記憶の素 極」で知的健康維持